ポーランドに行ってきました!(前編)

ジェーンドーブリー!(ポーランド語で「こんにちは」の意味)

 いつもメルマガご愛読ありがとうございます。編集長のM理です。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 さて去年の9月、お休みをいただいて、仕事とは全く関係なくポーランドに行っておりました。周囲にポーランドに行った事のある人はあまりいないと思いますので、まず場所の確認から。

ヨーロッパの中央に位置しています。首都はワルシャワ。

成田空港からワルシャワまで、ポーランド航空の直行便で行くことが出来ます。

 

ヨーロッパの中では比較的治安が良く、日本が好きな人が多い国だそうです。

実際、街で唐突に「ニホンダイスキ!」と万歳されたり、この言葉を日本語で書いてくれと言うので適当に書いてあげたら、「タトゥーにするよ!」と言われて焦ったり。ということがありました。

 

国名のポーランドの語源は「平原」だそうです。確かに道路もどこまでも真っ直ぐ。山はまったく見当たりません。

冬は寒さが厳しく、とても観光はできないくらい寒いそうです。私が行ったのは9月下旬、猛暑の日本を抜け出せる!と期待していましたが、普通に日本と同じで暑かったです。(アイスばっかり食べてました)

全く山が無いポーランドの風景
全く山が無いポーランドの風景

 

観光スポット、いくつかご紹介します。

まず都市は「クラクフ」「ワルシャワ」に行きました。

首都はワルシャワですが、クラクフの方が古い街並みが残っています。ワルシャワの街並みも古そうに見えますが、こちらは全て第二次世界大戦後の復元です。

クラクフ中央広場
クラクフ中央広場
ワルシャワ王宮広場
ワルシャワ王宮広場

 

 治安の良さは街を歩くと良く分かります。ゴミはほとんど落ちていませんし、広場や広い歩道にはレストランやカフェのテラス席が設けられており、昼間からゆっくりビールやワインを楽しむいい大人がいっぱいいます。夜はライトアップされ、子供連れの家族も見かけました。

クラクフ旧市街
クラクフ旧市街
クラクフのシンボル「バベル城」
クラクフのシンボル「バベル城」
ワルシャワは結構都会
ワルシャワは結構都会

 

少し変わった観光地「ヴィエリチカ岩塩坑」にも行きました。

見えている部分、全部「塩」です。シャンデリアも「塩」。売っているお土産も「塩」。

Mr.ビーンにしかみえないガイドさんが案内してくれました。ガイドさんがいないと迷って出て来れないかも、と思うほど広く、地下にあるので涼しいです。

ちょっと変わった観光地(ヴィエリチカ岩塩坑)は涼しかったです
ちょっと変わった観光地(ヴィエリチカ岩塩坑)は涼しかったです
塩のシャンデリア
塩のシャンデリア
広すぎて迷う
広すぎて迷う

 

ポーランド料理は、最初に大量の温かいスープ(塩分強めで温まる)、メイン(肉が多い)、デザート(アイスが美味しい)が定番でした。ポーランドのビールは安くて美味しかったです。ドイツと一緒で目盛りのあるビール会社のグラスで出てきます。〔500mlで8ズロチ前後(1ズロチ=約30円)〕

食事に関しては、何の問題も無く、美味しくいただくことが出来ました。

巨大ロールキャベツ
巨大ロールキャベツ
ビゴス
ビゴス
大麦のスープ
大麦のスープ
アイスにハズレ無し
アイスにハズレ無し

 

意外と?穴場のポーランド。少し行ってみたくなりませんか?

後編ではポーランド出身の超有名人ゆかりの場所などをご紹介します。

 後編につづく

(M理)

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    mamehara yoshishige (木曜日, 05 1月 2017 11:14)

    平成16年(2004年)8月に行く機会があり、ベリチカ、ハベル城、ワルシャワ、なども行きましたので懐かしい光景です。私はバルト海のほうからワルシャワへ下ってきました。とにかく懐かしいです。人情味もある国に思えました。