山佐木材のホームページにアクセスしていただきまして、ありがとうございます。

国内初のJASスギ構造用大断面集成材の認定を受けてからもうすぐ30年、私たちの手で木造躯体部分の製造から加工・現地建て方まで施工させていただいた公共施設や民間施設は1500件を超えました。

今後ともさらに新しい技術、工法に取り組み、お客様に信頼され、安心してお任せいただける物づくりに励んでまいります。


メールマガジン

2013年10月より、月に1回メールマガジンの配信を始めました。

毎月弊社の最新情報を詰め込んでお届けしております。

★定期配信ご希望の方はこちらから登録してください。過去の配信内容もお読みいただけます。


News

2020年8月7日(金)日本経済新聞(九州・沖縄)

国産木材、住宅以外にも

山佐木材  下住工場(鹿児島県肝属郡)

 木質材料を使った大型建造物を目にする機会が増えている。市場拡大をけん引するのが、集成材やCLT(直交集成板)だ。いずれも板材を接着剤で積層したもので、安定した強度を持つ。山佐木材(鹿児島県肝付町)は1991年にスギの構造用集成材で全国初の日本農林規格(JAS)を取得するなど、先駆け的な存在だ。

 大隅半島の中ほど、肝属川沿いの田園地帯の一角に広がるのが山佐木材の主力工場、下住工場(同町)だ。東京ドーム2個分に相当する8万6000平方㍍の敷地には10棟の工場が建ち、製材から設計図面に合わせた最終加工まで、ほぼ全ての工程を担っている。(つづきはこちらから)


Topics


Photography

写真部より  早朝の柏原海岸を駆けて行く(6月27日撮影/ 東串良町)


Blog

不定期ですが山佐木材の日々の出来事をご紹介しています

トップページには最新記事のみ表示しています。

★過去の記事についてはこちらからお読みください。

 

factory pattern

全国の工場好きの皆さま、こんにちは! メルマガ委員長のM理です。

この夏は本当に毎日暑かったですね!

弊社も暑さに負けそうですが、何とか稼働しております…(^^;

 

さて今回は、8月に入社、ただいま研修中のU田さん持ち込み企画。

 

U田:工場の中の色々な場所を撮影してみて、スマホの待ち受けにしたら、結構かっこいいんですよ!

T田:へー、すごいですね!!

U田:インスタ映えというか、写真映えというか、フォトジェニックなんですよ!

T田:(フォトジェニック・・・)

U田:これダウンロードできるようにしたら良いと思うんだけどな~

T田:メルマガに掲載してよいですか?

U田:えー!もちろんです!うれしいです!!

T田:(熱い!・・・)

 

ということで、U田さんに全面協力いただいて、14枚の画像を提供いただきました。

 

私たちが見ても、「あれ?これどこ?」という斬新な切り取り方です。

そして何だかオシャレ・・・

「U田さん、スゲー」と、密かにメルマガ委員会への勧誘をたくらむM理でした。

 

続きを読む