山佐木材のホームページにアクセスしていただきまして、ありがとうございます。

国内初のJASスギ構造用大断面集成材の認定を受けてからもうすぐ30年、私たちの手で木造躯体部分の製造から加工・現地建て方まで施工させていただいた公共施設や民間施設は1400件を超えました。

今後ともさらに新しい技術、工法に取り組み、お客様に信頼され、安心してお任せいただける物づくりに励んでまいります。


メールマガジン

2013年10月より、月に1回メールマガジンの配信を始めました。

毎月弊社の最新情報を詰め込んでお届けしております。

★定期配信ご希望の方はこちらから登録してください。過去の配信内容もお読みいただけます。


News

2020年1月30日(木)南日本新聞より

かごしま材 交流に一役

4月完成 選手村施設、玄関や床

 東京五輪・パラリンピック選手村の交流施設「ビレッジプラザ」(東京都中央区)が29日、報道陣に公開された。かごしま材(県産材)をはじめ全国63自治体から集められた木材が使用されており、4月に完成予定。

 ビレッジプラザは木造平屋。計5棟あり、延べ床面積は約5300平方㍍。各国選手の入村式が開かれる施設で、雑貨店や銀行も入る。選手のほか家族や関係者が利用する。

 県が提供したかごしま材は、中高層施設も建設可能な大型木製パネル「直交集成板(CLT)」。厚さ9センチの板100平方㍍分が、正面エントランスの一部と、カフェやインターネットラウンジが入る棟(1千平方㍍)の床に活用された。

 同日は各自治体関係者が参加した内覧会もあった。県環境林務部の村山浩美次長は「カフェなどでリラックスする世界中の選手に、かごしま材の良さを知ってもらえれば」と期待した。ビレッジプラザは大会後に解体され、木材は返却された自治体が公共施設に再利用する。


Topics


Photography

写真部より 


Blog

不定期ですが山佐木材の日々の出来事をご紹介しています

トップページには最新記事のみ表示しています。

★過去の記事についてはこちらからお読みください。

 

会社パンフレットを新しくしました!

 

お世話になっております。

このたび、弊社紹介用のパンフレットを新しくしましたのでお知らせします。

 

内容を更新するにあたり、施工実績については設計事務所様や元請会社様、事業内容については社内各部の協力をいただきまして、良いものが出来たと思います。

ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

 

表紙は前回と同じものを採用しておりますので、

前回のパンフレットと見分けはつきにくいですが、内容は新しくなっております。

 

ページごとに簡単にご紹介したいと思います。

1ページ目   木材の魅力、社長あいさつ(NEW!)、研究開発について(NEW!)、認定取得について(図1)

2ページ目   弊社の主な事業について

3ページ目   建設部の紹介(NEW!)

4ページ目   製材部、きもつき木材高次加工センターの紹介

5~6ページ目   製造部(5ページは集成材、6ページはCLT)の紹介

7~10ページ目 施工実績(NEW!)(図2)

 

※NEW!と記載されていない箇所も時代に合わせて少しずつ変更してあります。

 

(図1)有馬社長の挨拶や研究開発の記事が新しくなりました!

(図2)九州・沖縄を中心に様々な施工実績を載せております!


 

 

記事の一部を載せておりますが、ぜひ実際に手に取ってご覧いただきたいです。

 

パンフレットのご要望につきましては、弊社・営業部までお問い合わせください。