Blog

ブログ

不定期ですが、山佐木材の日々の出来事をご紹介しています。

(こちらのページには最新記事10を掲載)

★過去のブログについては、カテゴリー別に掲載しております。

お知らせ社長ブログ新しい取組完成物件現場社内行事肝付町参加報告その他

過去のブログをすべてを見る

M田部長のぶらり肝付町の旅・国見山系に咲く曙躑躅(アケボノツツジ)

 今年の春は、九州大隅半島を駆け足で過ぎていったようです。

 3月25日には桜が満開となり、花見をする暇もなく、その後の暖かさの中で立待ち葉桜になってしまいました。早く芽を出せと掘るのを楽しみにしていた筍も、ちょっと油断した間にすくすくと成長して大人の背丈ほどになってしまったものもあります。タラノメなどは、芽ではなくなった掌ほどの若葉をかろうじて天麩羅にすることができました。

 

 そんな悔しい春を過ごす中、年上の友人から曙つつじ鑑賞登山のお誘いが、ショートメールで舞いこみました。 

 鹿児島県内では、曙つつじを見ることのできる山はどうも限られているようで、肝付町国見山系が数少ないうちの一つにあげられています。登山道周辺に自生地が見られるのは甫与志岳と黒尊岳の中間あたりだそうですが、M田はまだ実物を見たことはないのであります。

 

 とある日曜日早朝、友人、家人と三人で一路、姫門(ひめかど)林道へ。車で横付けできる甫与志岳への登山口はここだけなのです。駐車場にはすでに先客が何台も、宮崎・大分ナンバーも停まっていました。 

 

 登山口からちょうど1時間ほど登ると、甫与志岳山頂下の尾根道にでます。ここからルートを北に、黒尊岳方向にとり、なだらかな尾根の起伏をゆったりと。

椿の道を歩いていくと、、
椿の道を歩いていくと、、

 

  椿の赤い花が落ちる道を歩くこと40分ほどでつつじの最初の群落が見えてきました。白に近いピンクの花が枝一面に着いています。

 

アケボノツツジ
アケボノツツジ

 

 少し盛りを過ぎている枝もあれば、まだ蕾の花もありますが、この花色は春の空によく似合います。さらに黒尊岳の斜面に目をやると、新緑のなかでいくつもの群落が咲いているのが見て取れました。この山の曙つつじの樹が太く大きく、その枝々にたくさんの花を咲かせているからでしょう。

 

 つつじの鑑賞を堪能し、甫与志岳頂上(968m)へ向かいました。 

 

 馬酔木の花が満開の頂上は、春の日差しで暖かく、ここで昼食を取っているお仲間もいました。青空の下最高のランチだったことでしょう。

 

 山頂からは、もと来た道を「こんなに急だったかなぁ。」などと余裕を見せつつ50分くだり、大満足で曙つつじ鑑賞登山を終えたのでした。 

(次こそ海か? M田)

 

0 コメント

平成30年 入社式

平成30年4月2日(月)陽光あたたかな春の日、新たに社員を迎えることができ、入社式を行いました。

4月2日入社の3名と、この1年で中途採用・社員登用された9名の合計12名が出席しました。 

よろしくお願いします!
よろしくお願いします!

 

 4月2日入社の3名は、社長から辞令を受け、建設部、CLT部(品質管理室兼務)、総務経理部に配属されました。それぞれ配属先も仕事内容も異なりますが、同じ会社を選んだ仲間同士、協力しながら頑張ってくれると思います。

辞令交付
辞令交付

 

  特に新卒者の二人は、今日から社会人一年生。二人とも鹿児島市内から引越しを済ませ、初めての一人暮らし、初めての会社生活、何もかもが初めてという初々しさです。

 緊張しながらも、しっかりと自己紹介、当社を志望した理由、学生時代取り組んだこと、これからの目標や抱負などの決意表明が行われました。その希望あふれる姿に、聞いている私たちも心が洗われるようでした。新しい風が入るのは良いものですね!これからが楽しみです。

 

新入社員たちの様子はメルマガでも追いかけてまいりますので、どうぞお楽しみに!

(新入社員研修編へつづきます)

消火訓練総括

 今年度の消火訓練を3月19日(月)に実施しました。生憎の雨模様となりましたが、なんとか訓練自体は最後まで行うことができました。

 今回も東部消防署様のご協力の下、社員一丸となって予行練習から本番まで精一杯訓練して頂きました。ありがとうございました。


 

 火災発生後、発見・通報班の3人が一斉に工場内を「火事だ~!○○で火事だ~!」と叫びながら駆け回るという体制を毎年とっていましたが、今回ご指摘頂いた中で、

【まず発見・通報班がどこが火災だというのを確認(目視)してスタートしていない】というものがありました。

 確かに、これまでの訓練では延時隊長の合図を皮切りにスタートするというのが定着化しておりましたが、実際火災が起こった場合は、この通りにはならないです。最も基本的な想定力が欠如しておりました。

 


 

 もう1点、社長のお話の中で、昨年完成した弊社の新工場で火災が発生した場合の想定・訓練の必要性というものがありました。

 火災発生した場合、水や消火器で消火すればよいだけでなく、放水により最新の設備・機械をダメにしてしまうかもしれないという想定まで必要となります。もちろん、火災を発生させない努力がまず第一ですが、万が一に備えて今以上に、自衛消防隊が中心となり、話し合いをしておかなければならないことを痛感しました。

 今回の訓練を通し、新たな課題を見つけることができたことは収穫だと思いますが、実行に移して初めて意味ある訓練だったと思わなければなりません。より一層精進します。 

 今年も多数のご協力を賜り、誠に有難う御座いました。

(自衛消防隊 副隊長 中島)


 

 29年度の消火訓練を終え、防火意識がようやく高まったのではないかと安心したいところですが、反省点を踏まえて、来年度のためではなく、日々の防火のために、もし火が出た場合は安全な初期消火が行えるように準備するスタートになったと思います。 

 

 人員が増えた部門の役割の再配置、新築の工場の防火用水の位置確認、消火設備の不備なものの更新など、いろいろと見直す良い機会でもあります。

 

 しかし訓練だけでは指導が行き届かないと感じているのが、はたして本当に従業員全員が工場内のすべての消火設備の位置を知っているだろうかという不安です。入社して間もない従業員でも火災が発生したら初期消火できるように行動しなければなりません、そう思うと、まだまだ多くの準備、指導を行わなければならないなと感じます。

 会社で行った消火訓練がとっさの初期消火に役に立ったなと皆が思えるような訓練を目指したいです。 

(自衛消防隊 隊長 延時)

M田部長のぶらり肝付町の旅・旧暦で季節を実感しながらぶらり

 

 1月の中頃、この九州の南端でも山には雪が積むほどの寒さでした。春と呼ぶにはまだまだ早い。肌で感じる季節としては初春というよりまだ冬です。

 それが2月に入り立春を迎えると木々の枝先はやや赤みを帯びてきて、枯れ草の間から緑の芽が見え始めます。それから10日ほどたった2月16日(金曜日)が、今年の旧暦の正月元旦でした。「新春のお慶びを申し上げます。」という挨拶が、老若男女どなたにもしっくりと受け入れてもらえる肌持ちです。新月の闇の濃い夜が過ぎるころ、白々と明るくなっていく山ぎわから昇る朝日には、晴れ晴れとした快さと暖かさが実感できます。

 

 その週の日曜日。陽気に誘われ春とこの時期のおいしいものを探して散策に出かけることに。拙宅の生け垣周りの草も少し伸びてきました。椿の木の下にはみつばが柔らかな若葉をひろげています。スーパーでは水耕栽培のヒョロッとしたものが一年を通して並べられていますが、あれとは香りも歯ごたえもまるで別物。こいつをたっぷり採って、白和えにしていただくことに。当地では白和えは白味噌仕立てです。今時分、焼酎のつまみとしてこれに勝るものは無いでしょう。 

 

みつばは白和えにしていただきましょう
みつばは白和えにしていただきましょう

 

 昨年12月に友人二人の手を借りてして間伐を行い、日当たりのよくなった竹山へ行ってみました。孟宗竹の筍はまだ地面から顔を出してはいません。でも靴の底で注意深く探りながら歩いていると、いやはや本当に春なのですなぁ、とんがり頭を発見。まだ、中指ほどの長さですが。

たけのこ五兄弟
たけのこ五兄弟

 

 1本の根から5本仲良く並んでおりました。こちらは、「掘った・焼いた・食った」の瞬速三段焼き筍にして食べることにします。みなさまお先にはふはふっ。

 

 そういえば去年もこの時期同じような春さがしをしました。二股トンネルの北にある、ねこやなぎの群落。昨年は1月21日(旧暦12月24日)に訪れて、まだ花穂は出始めというところでした。今年は2月18日(旧暦1月3日)。新暦では去年より1ヶ月ほど遅いことになります。1ヶ月違えば花穂は盛りを過ぎてしまうころでしょう。しかし、旧暦ではわずか10日の遅れです。どんなようすなのか気になって、岸良高山線を南にドライブすること20分。人気のない山に入って5分。 

 

2017年1月21日のねこやなぎ群落
2017年1月21日のねこやなぎ群落
2018年2月18日のねこやなぎ群落 ふわふわ!
2018年2月18日のねこやなぎ群落 ふわふわ!

 

 群落は一面銀色にふわふわと輝いておりました。堅く赤いさやはなく、ねこやなぎの花、一番の見頃です。いささか乱暴なとらえ方ではありますが、ねこやなぎの花穂に限ってみると、旧暦に近い巡りで旬を迎えているようです。

 

 かく言うM田にしてみても、ねこやなぎ同様旧暦に添って季節を感じる方がしっくり来る。体が無理をしないような気がします。

 今日は啓蟄。貫禄のある足高蜘蛛(アシダカグモ)初見、家人は大騒ぎ。いよいよ春たけなわです。

(次は海か?M田)

 

※参考文献 小林弦彦著『旧暦は暮らしの羅針盤』NHK出版

 

1 コメント

「山神祭」を行いました

 平成30年3月3日(土)ひな祭り、本年度三回目の 「山神祭」(やまんかんまつり)を行いました。

「山神祭」は全国で実施されているようですが、山佐木材では、旧暦の正月、五月、九月の十六日を基本に翌日が休みの日の夕方に実施しています。 
 今回は旧暦正月十六日の「山神祭」。あいにくの雨でしたが、仕事を早く切り上げて、神棚前で安全祈願を済ませて、事務所2階に集まりました。

 

  

今回の司会は、建設部の小松賢司さん

 野良猫にエサをあげていたら、なぜか手を噛まれるという憂き目にあった心優しき人です。

 

 2日後には東京でCLT関係の試験研究成果の発表を行うことになっていましたので、人前で話す練習になったはず!?

 落ち着いた味のある司会ぶりでした。お疲れさまでした。

  

 

 社長からは山神祭りの由来や、昔の山佐の山神祭りの思い出について話がありました。

 

また、この日工場見学に来られていた大分大学の田中圭先生+学生さんたち、入社前ガイダンスに来ていた4月入社予定の鹿大生2名にも飛び入りで参加していただきました。

(準備のお手伝いもお願いしてしまいました。ありがとうございました!)

 

 

60歳(定年)を迎えた本村さん、森田さんへの花束贈呈もありました。

長い会社人生を振り返る言葉に重みがありました。

お二人とも、まだバリバリ働いています。これからもよろしくお願いします!


 

榎原専務の「乾杯」を合図に宴会スタート。

 

 料理が毎回の楽しみになっている山神祭。今回も、山佐木材シェフの皆さんが大活躍です。

 社長が3日前から下準備を進めていた「牛すじカレー」と「おでん」。佐和子さん特製「サンドイッチ(たまご&ハム野菜)」。前田部長特製スパイスの効いた「タンドリーチキン」とこだわりの「ポテトサラダ」、さゆり&みすずの「おにぎり」など、美味しそうな料理が並びました。

 また、この日はひな祭りということもあり、福原菓子店さん季節限定の「いちご大福」も!

 準備いただいた皆さん、差し入れていただいた皆さん、どうもありがとうございました。



 

山神祭恒例、ニューフェイスの紹介もありました。

製材部 松田さん
製材部 松田さん
製材部 久保田さん
製材部 久保田さん
加工建て方 上市園さん
加工建て方 上市園さん

 

山神祭は、部門や年齢を超えて、社員同士のコミュニケーションも育む場となっています。

焼酎が進むにつれて、話の内容も濃くなっていき(?)、あっという間に夜がふけていくのでした。

(遅くまで残って後片付けいただいた皆さん、翌日片付けに来てくださった皆さん、どうもありがとうございました)


 

これから年度末と新年度を同時に控える慌ただしい時期に入りますが、ちょっとした油断が事故の元。

社員一丸となり、安全と健康第一で事故の無いように努めて参ります。

(実は文化委員長 M理)

0 コメント

鹿児島県 森林・林業振興大会に参加しました

 

 2月7日(水)、かごしま県民交流センターにおいて「鹿児島県森林・林業振興大会」が行われました。当社から社長が活動事例を発表することになっていましたので、私も初めて参加しました。

 

 会場に到着すると、既に多くの方が集まっていました。やはり林業・木材関係者が多く、合い間に何人かの方にご挨拶することができました。


 

 第1部は、大会会長である三反園知事の挨拶、来賓祝辞、各種表彰、スローガン採択などがありました。森山裕議員の祝電として紹介された文面がかなり長く、強い期待が感じられたこと、ベテラン揃いの表彰者の中で若い方がお二人「きこり達人」として表彰されていたことが印象的でした。


 

 第2部は、特別講演と活動事例発表です。

 特別講演は、京都大学フィールド科学教育研究センター 長谷川尚史准教授による「イノベーションの視点から日本林業の将来を探る」という講演でした。


 林業は、少ないエネルギーで木材という物を作り出すことの出来る貴重な産業だが、現状では森林所有が小規模分散していることで生産性が上がらない、国内林業の存在意義や森林を所有するということについての価値認識にギャップがある。一方で技術は確実に進歩しており、林業機械、作業システム、情報管理などにより、「森林クラウド」「森林の倉庫化」なども可能な時代になっているというお話がありました。

 私にとっては初めて聞くような言葉もありましたが、林業=安全、儲かる、社会貢献の側面もある、ということになれば、森林を所有して運営してみようとする企業も出てくるのかな、と思いました。

 

 当社からは活動事例として「円滑な木材調達と新しい木材需要をつくる」という題で社長が発表いたしました。


 27年度の同大会では「CLT建築の普及に向けた取り組み」として発表しましたが、そこから2年経過し、その間、実に色々なことがありましたが(今回は20分の発表なのでその辺りは省略)、CLT床2時間耐火の大臣認定取得、鉄骨造オフィスビルへのCLT床施工などを経て、昨年秋には新設備を導入することができました。

 これからも当社にとっては様々なチャレンジが続きます。地域の皆様にご支援いただきながら、また数年後?の活動事例で発表できることを楽しみにしたいと思います。

(M理)

 


(おまけ)

 大会終了後、肝属木材事業協同組合の定例会を鹿児島市「おおすみ美食市場」で開催いたしました。組合員である岡本孝志社長が頑張っています。

 人も食材も大隅から行っていて、お店の雰囲気も良く、店員さんたちも感じが良くて元気が出るお店でした。

☆興味のあるかたはぜひ!

https://www.facebook.com/oosumi.marche/


M田部長のぶらり肝付町の旅・イプシロン打ち上げと夜光雲

 

「初春を探そうか。」などという風流な気持ちも、しょんぼりとしぼんでしまいそうなこのところの寒さです。身をちぢめているせいでしょうか、なんと左の肩胛骨当たりが痛い・・・神経痛になっちゃたようです。しかし、こんなことで挫けてはいられない、今回は全国にも希なイベントが発生するというので気張って出かけることにしました。

 

 わが肝付町には、宇宙航空研究開発機構JAXAのロケット発射場があります。ここから1月18日(木)午前6時6分11秒にイプシロンロケット3号機が打ち上げられるのです。流石に科学の力、宇宙の事情によって、11秒が肝なのでしょう。が、M田にとっては「これなら発射を見てから会社に行けるじゃありませんか。片道1時間の距離まで余裕で往復可能!」の時刻と解釈してしまうのであります。負けじとこちらも秒読みで行動。

 

 当日4時50分22秒に起床、身支度を整えて、5時3分57秒、岸良方向へ向けて発車。普段は通る車もいない経路ですが、さすがに前を走っている車のテールランプが三つ、二つ見え隠れしています。

 岸良繁華街中心部には、消防車&救急車も待機、交差点から内之浦方面へは交通規制がかけられ一般車は通行できません。そこで、国道448号を錦江町方向へ右折し、船間方面へ。1㎞ほど行くと岸良海岸の駐車場がやたら明るい。幾台もの投光機が周りを照らし、車両案内係も配置されロケット発射見学場に様変わりしています。

 

 

 5時52分16秒、ボランティア案内係りのY田君の誘導で車止め完了。すでに駐車場は50台以上で満車となっています。係りの人たちは前の日の午後9時から配置についているとのこと。ご苦労様です。Y田君コーヒーありがとね。おいしかったです。

 

 まだ星が瞬く夜明け前の浜の堤防は、打ち上げを待つ見学者たちが発射場に向かって横一列に並んでいるようです。寒いなかでも、なんだかわくわく感が伝わってきました。 

 

 

 ちょうど60秒前から、町内防災放送の大スピーカーから射場のカウントダウンが中継され、気持ちが高揚してきます。「スリー、ツー、ワン、ゼロ、リフトアップ・・・」閃光が見学者たちの顔をはっきり見えるくらいに輝き、皆さんの歓声の後に爆音が響いてきました。

 

 

 ロケットの軌跡は、轟音を残しながら南の空高く弧を描いて揚がっていきました。初めて発射場の近場で見学しましたが、その迫力と美しさに恥ずかしながら感動を覚えました。これからロケットはできればこの時間に打ち上げてほしいものです。

 

 岸良見学場を早速後にして、出社の途につきました。峠のトンネルを抜け、明け始めた道を30kmのドライブ。開けた畑の中の一本道で、ふと見上げると、オレンジに柔らかく輝く光のひだが空に舞っています。まさかオーロラ?ではないでしょうが、人生で一度も見たことのないそれはそれはきれいな光景でした。

 

 

 夜光雲と呼ばれる現象だそうです。やはり早起きはするものです。いやはや大満足の朝でした。この日は春のような暖かさ、夕方自宅の庭の梅がいくつか花を開いていました。

 

(美しい写真はN野君にまかせて、次は春のおいしい物でも探そうか M田)

 

0 コメント

鏡開き 2018

 

こちら鹿児島も昨日から急に寒くなり、今朝も氷が張る寒さ、外での作業が辛い季節になりました。

 

今日は朝から「鏡開き」のぜんざい作り。

今年もM田Sさんが準備してくれました。(ありがとうございます!)

 

工場のあちこちに飾っていたお餅を回収して、一年ぶりの餅焼き。

ストーブの移動、トースターの掃除、餅焼き網が見つからずに買いに走る等々、やっぱりバタバタです。

(私は手伝いもせずに写真とってました!すみません!)


ストーブの上で
ストーブの上で
トースターも活躍
トースターも活躍

 

焼いたお餅が投入されて、ぶじ10時の休憩に間に合いました!

みんな「寒い!寒い!」と言いながら入ってきます。

焦げ目おいしそう
焦げ目おいしそう

 

 甘いものが苦手な人は醤油と海苔で、ぜんざい好きな人はおかわり、甘辛いける人は両方、と言っているうちに、餅5~6個食べる人も。(私は結局4個)

 10時、12時、15時の3回どんぶりで食べようとする頼もしい(?)若手も約1名。

あったまるね~
あったまるね~

とっても美味しかったです!
とっても美味しかったです!

 

今年も一年良い年になりますように。

健康に気を付けて、頑張りましょう。


準備いただいた皆さん、ありがとうございました!

ごちそうさまでした!

(M理) 

0 コメント

大規模設備事業が終了、本格稼働へ

 弊社で平成29年3月から取り組んでまいりました、「平成28年度(補正)森林整備・林業木材産業活性化推進事業(力強い木材産業生産性強化対策事業)」による補助事業を中心とした設備整備事業が、11月22日に鹿屋市の完了検査を、12月14日に鹿児島県大隅地域振興局の確認検査を受検合格し、今後本格稼働に入ります。

CNC加工機
CNC加工機

 

 この事業は、新規にモルダーラインとフィンガージョイントラインを導入することで、ラミナ生産量を増大してCLT製造量を高める一方、CNC加工機、プレカット加工機で加工能力を高め生産目標値を達成していくことを目的とし、約1000m2の工場建屋2棟の新築工事を含めた整備計画に基づいたものです。 

 

モルダーライン確認検査
モルダーライン確認検査

 

 補助事業計画を受理・実行下さいました鹿屋市・鹿児島県・林野庁など各機関、また、融資先の金融機関の皆様に衷心より深く感謝申し上げます。

 また、7ヶ月という短い工期の中で、こちらの無理難題を聞き入れて、造成、建築、機械搬入等それぞれの業務を順調に進めて下さった業者の皆様のご協力があって、無事、本格稼働の運びとなりました。ありがとうございました。

 

 これからが事業の本当の始まりですので、皆様、よろしくご指導、ご協力下さいますようお願い申し上げます。

(前田)

M田部長のぶらり肝付町の旅・初詣と木戸かざい

 皆様、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

 さて、新年に入り、当地はお天気に恵まれ、暖かく穏やかなお正月三が日でした。雨や雪でも降れば家の中でお屠蘇と称して、ちびりちびりごろごろ~ちびりちびりぐぅぐぅといきたいところですが・・・。

 陽気に誘われた家人たちにはその楽しみは理解してもらえるわけもなく、初詣に引っ張り出されました。たまたま、私が節目の年を迎えたことも神社詣の理由でもあったのです。

 

 まずは、四十九所神社へ。永観2年(986年)の創建と言われているので千年以上の歴史をもつ高山一位の郷社です。

 さすがに、出店なども並んで賑やかで、参拝客も多く、年始めの挨拶が忙しいほどでした。社殿前には御神酒(樽酒)も用意されており、一すくいご馳走になりました。家人たちはお札とおみくじ、おまけにアメリカンドッグを購入しておりました。

 

 さて、高山に来られればお気づきになる人はお気づきになるのでしょうが、この地には神社がやたら多いのです。四十九所神社から南へ1丁ごしに、御社神社、八幡神社と並んでおり、北と西には南方、竹田の2社が、東には護国神社、稲荷神社が鎮座されております。郷土誌によると中世に創建された主なものだけでも27社を数えます。

 それで、他地区の神社(四十九所神社は新富地区)にも詣でてみようと言うことになり、前田地区代表 南方神社、後田地区代表天岩戸別神社(通称トガンサァ)に参拝しました。

 

 南方神社は14世紀半ばの創建と伝えられ、立派な社殿が再建されています。元々は武神ですが今は縁結び家内繁栄の神様だそう。これはしっかりと祈願させてもらいました。

 ここでご注目いただきたいのが、左右柱下の門飾りです。この地方の慣わしで、シラスの盛り土、その上に末広がりに置かれた堅木の割木(薪)3本と笹竹だけ、松とか梅はありませんが、すっきりとして気持ちがいいです。

 

 後田地区白坂の天岩戸別神社(通称戸神様トガンサァ)はこの地区の守り神さま。天の岩戸開けの神々を祭ってあります。右手に大きな椎の木があり、家内は子供のころ、ここでドングリやコジイの実を拾うのが楽しみだったそうです。しみじみと静かな田舎のお社に、家に祭っていたお札を納めさせてもらいました。

 

3つのお社に詣で、去年の穢れを清めて、晴れ晴れとした気持ちになりました。

皆様にとって本年が素晴らしい年となりますように。

(次は春を探そう M田)

 

 

【おまけ】

 後田の民家の門飾り(木戸かざい

 

 割れ木は飾らずへつらわず、堅く無ければならない。

 竹は親勝りの竹の子。節がある。

 ユズリハは代々譲り受け次ぐ。

 シラスは土までも白く新たに。とか

 

今は残念ながら、この木戸かざいを飾った門口をほとんど見ることは無くなってしまいました。

 


 

参考文献 『高山郷土誌』1997年版

0 コメント